遺言書作成メリット

遺言書を作成しておく事で沢山のメリットがあります。一番は相続する人が争う事が無くなります。財産相続は相続対象者が全員一致で初めて手続きが進みます。遺言書がなくても法廷で決まった分配方法もありますが相続するものが多いほど争う確率が増えていきます。

遺産分配の話し合いの時間が省けるので、スムーズに物事が進んできます、法的には子供の嫁や内縁の妻など、法定では財産分与の相続人では無い人達にも遺産を残す事が出来ます。
法定で決まっている財産分与の分配方法でなくとも妻に不動産、子供たちに現金を均等になど財産を自由に分ける事が出来ます。遺言書は自分が亡くなった時の為に財産の分配等を書くので夫婦で一つの遺言書では効力がありません。お互いに一通ずつ書いて、もしもの時に備えるのが大切です。特に未成年の子供がいたり、相続人が行方不明や相続人自体がいない時など確実に揉めるとわかっている場合は特に遺言書を作成しておきます。

相続などの自分の意思を伝える為に書く遺言書ですが、もう一つ役割があります、自分が死んだ後にどうするかです。お葬式の仕方、埋葬の仕方など希望がある場合は遺書に残しておくと家族に意思が伝わり、家族も個人の意思を尊重したお葬式を支度できます。